ニートから勝ち組看護師へ

ニート歴二年→バイト一年後、看護学生になる話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

看護学校の年齢分布について

コメントありがとうございます。4月から学校が始まっており、忙しい毎日を過ごしています。
今のところ授業もまだついていけますし、看護以外の生物や化学といった教科も問題ありません、高校レベルです。

ただ、講義の進め方は、なぜこうなるのか、を中心に進められています。暗記よりもそこが大切に扱われている気がします。

コメントの質問にありました、看護学校の年齢についてです。
これはやはり学校によりけりですので、一番いいのは「説明会に出向いて質問する」ことだと思います。

ただ、どこの学校でも社会人は増えています。都心の学校ほどその傾向にあります、いまや都立は社会人のほうがおおいところもあるのでは?
板橋なんかは2012年の夏に聞いたところ、社会人のほうが多いとのことでした。

私の学校も現役生が60パーセント、35パーセントが社会人、あとは浪人生や留年の人、といった感じです。

印象としては、「社会人にも広く門があけられている」感じです。
学校側がよく言います。
「社会人は自分の人生をかけて学校に入ってくるから、それはよく勉強する。現役生はなんとなく入学する子も多い。まけないように。」

(私のかよっている)学校側も実感してるのでしょう。若い子が多いのはうれしいかもしれないが、普段の勉強は実績で成果をだして、やる気に満ちているのは社会人のほうであると。

私も、やる気十分です。

スポンサーサイト
  1. 2013/04/21(日) 15:23:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。