ニートから勝ち組看護師へ

ニート歴二年→バイト一年後、看護学生になる話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どこを受験するのか?

さて、看護師を目指すのはいいものの、次はどうやって看護師になるかを考えます。

私が目指すのは正看護師ですので、大学に入るか、専門学校に入るか決めなくてはいけません。

私の場合、お金と時間をかけたくなかったので、公立の専門学校に行く、と割と早めに決めていました。

公立専門ですと、多くても年間20万円、それに教材費やナース服などが必要になります。

3年間通って100万円程度です。入学金も3万程度、安いところは9000円なんてところもありました。

大学はやはり高いですね。数100万かかります。学士を持っている私には、さほど魅力を感じなかったので、選択外でした。
看護師をめざす理由の一つに、日本全国どこにいても食べていける職だからというのがあります。
私の母も普通のクリニックで、時給1850円で働いています。60歳で。とにかく資格がほしいのです。

なので、国家資格を最短で目指す道を選びました。

ただ、いま高校生の方がいらっしゃいましたら、それはやはり大学を選んだほうがいいんじゃないかと思います。
選べるのであれば。
やはり、まだまだ世の中、学歴社会です。

高卒よりは、大卒のほうが、ないよりは良いように思います。人生の選択肢も広がります。

「看護 大学 専門」などで検索をすれば、大学と専門でどんな違いがあるか解説したページや知恵袋などがたくさん出てきます。

だらだらと失礼しました。
-----------------------

早いうちから志望校を決めるメリットとしては、過去問に早く当たれるところだと思います。

3つほどに絞っていたので、7月ごろには過去問を集め出していました。

教育弘報研究所
スコレーアスコルー
ヤフーオークション

以上の3つで過去問を集めました。


教育~は都立の看護専門学校の過去問が、5年分入っているものを購入。
解説は丁寧ではないけれど、年数をこなしたかったのでちょうどよかったです。郵送で送られてきます。

スコレーアスコルーは、購入後ダウンロードする形式で、10年前はこんなのなかったよなー、
時代も進んだなーと思いながら、過去問を入手しました。
全国さまざまな学校の過去問の、解説のみダウンロードできます。
学校説明会で、過去問題のみ配られることがほとんどですので、解説がほしいときはこちらが役立つと思います。

また、スコレーさんはブログで学校の情報や、面接のコツなど書いてらっしゃるので、
しょっちゅう見にいっていました。

ぜひ検索してみてください。

リンクを張らないめんどくさがりですが許してね。

次は過去問の私的活用法を書いていけたらな…と思っています。

スポンサーサイト
  1. 2013/03/13(水) 20:52:23|
  2. 受験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<看護学校の年齢分布について | ホーム | 何から始めるか?~情報強者になろう~>>

コメント

はじめまして
看護学校受験したいとおもい、
情報収集中にこのブログにたどり着きました。
更新楽しみにしています(^O^)
ところで専門学校の生徒の年齢層ってどんなもんでしょうか。
  1. 2013/04/02(火) 07:19:39 |
  2. URL |
  3. マリエンティー #5YYqjEYU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://datuneet.blog.fc2.com/tb.php/7-c6472631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。